庭造り日記


「はなあーと ガーデン」   名古屋市天白区を中心に外構工事、庭造りをする日々を綴った日記ですhttp://www.8187.co.jp/garden/
by hanaart-garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


現場近況報告①(安城市 T様邸 高瀬)

e0110872_22123381.jpg
安城市のT様より、ナチュラルモダンなお宅の外構をご依頼頂き、只今着工していますので、近況報告をさせていただきたいと思います。上の写真が工事着工前の状況です。


e0110872_2213333.jpg
今回は、駐車場2台分のスペースと屋根つきのサイクルヤード、植栽スペースを確保したいとのことで、限られたスペースのなかに、よりゆったりと、それぞれのスペースが有効に取れるように、空間を共有しつつ配置しました。


e0110872_22133712.jpge0110872_22141575.jpg

まず、門柱は奥様のご要望で枕木を使いました。柱を前後に配置する事で遊び心を出しています。
アプローチからポーチへの階段は、ヨーロッパの石畳を使いました。石畳の自然な凹凸を活かしつつ、毎日通られる場所なので、足が引っ掛かってしまわないよう、目地を浅めにしています。



e0110872_22143616.jpge0110872_2221270.jpg

駐車スペースの土間コンクリートは、ナチュラルな雰囲気に馴染むよう、「刷毛引き」仕上げにしています。

次週のサイクルポート~フェンス編へ続く、、、
[PR]

by hanaart-garden | 2009-03-29 22:42 | 施工例

完成現場のご報告(常滑市 K様邸 角谷)

ご新築と同時に外構工事と中庭の工事をご依頼いただいたK様。ご夫婦の思い入れも強く、お打ち合わせにも熱心に参加いただき、植栽工事も一緒にお手伝いいただいたり・・・。お庭が出来上がった後のお手入れもずいぶん勉強を重ねられ、丁寧にお庭を育ててくださっています。今日はその一部をご紹介したいと思います。
e0110872_22293348.jpg
全体のイメージは建物の雰囲気に合わせ、ナチュラルにまとめました。


e0110872_2230859.jpge0110872_22302977.jpg

駐車スペースとウッドデッキの境界は、宿根草や岩などで斜面を利用し、立体的なデザインに仕上げました。これからの植物の成長が楽しみです!


e0110872_22304891.jpge0110872_22312355.jpg

門柱、アプローチはお家の雰囲気に合わせ、耐火レンガを使用。門柱のインターホンカバーやマリンランプなどは素材を合わせ統一感を。門前にアクセントとして飾られたテラコッタの鉢は、K様の作成した力作の寄せ植えです。


e0110872_2236349.jpgシンプルなデザインのアイアンフェンスはお客様とともに一緒にデザインし、作成した一品です。植物が成長するごとにフェンスとうまくなじんでいくと、素敵な空間になるのでは、と楽しみにしています。


e0110872_22322997.jpgお庭のフォーカルポイントにはこだわりの立水栓を。絵柄を組み合わせ、模様を作ることができるメキシカンタイルで受けや蛇口周りにオリジナリティーを。色使いや模様の組み合わせはご夫婦で組み合わせを熟考してセレクトしました。室内から見た時にも、インテリアの色遣いとよくマッチしていて、インテリアとガーデンを結びつける役割もはたしているようです。


e0110872_22325566.jpge0110872_22334051.jpg

お庭への通路には岩を使用し、植栽にもよくなじむようにしました。中庭も芝生の緑が美しいお庭になりました。駐車スペースとの境目も植物で立体感を演出しました。花壇にはお子様と球根を植えたりして、ご家族でお子様と一緒に、植物の成長を楽しむことができるスペースになりました。

今回植栽まで施工させていただきましたが、その後のK様の熱心なお手入れに、いつも驚かされてしまいます。何でも調べて、まずやってみる!というK様ですので、これからのお庭もきっとK様の色に染まり、素敵なガーデンになっていくのだろうな・・・・とひそかに楽しみにしております。また、何かございましたらお気軽にご相談くださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]

by hanaart-garden | 2009-03-12 23:20 | 角谷 緑

いまさら聞けない園芸講座(第2回 田中修一)

こんにちは、なんとか第2回目を迎えることが出来ました。ありがとうございます。
今回のテーマは…、今回も前回に引き続き「肥料」について、もう少し掘下げてみようと思います。
 園芸店やホームセンターで、肥料を買おうとしたときに何を買えば良いかを悩んだりしませんか?第1回目で化成肥料と有機質肥料の違いについては説明をさせていただきましたが、じゃあ、じっさい何を買えばいいの?ってかんじですよね。
 そこで、今回はそこを重点的に説明をしていきます。まず何をしたいかで必要な肥料は変わってきます。
肥料を日常の管理で使いたい場合には、
  「10:10:10」(「じゅー、じゅー、じゅー」と読みます)の肥料を使いましょう。
 …ちなみに、この数字は、何のことだか分かりますか?多くの肥料にはこの数字が記載されているんですが、これは、肥料成分の割合が示されているんです。
植物は大きく分けて「葉・茎」「花」「根」で構成されています。そしてそれぞれが育つには、それぞれに必要な成分があるんですが、それがこの数字で示されている成分です。この数字は必ず前から「葉・茎」「花」「根」に必要な成分がどれだけ含まれているかを示しています。
つまり、花をたくさん咲かせたいときには、中央の数字が大きい肥料を使うと花付きは良くなります。しかし、ヒトでも同じなんですが、食事の栄養に偏りがあるのはよくないですよね。植物でも同様に栄養に偏りがあると不健康になってしまい病気にかかりやすくなります。だから、日常の管理では、栄養素が均等に含まれる肥料がいいですね。

今後、肥料については「液肥と固形肥料はどうやって使い分けるといいの?」や「IB化成とロング肥料の違いってナニ?」というものを説明したいと思います。
あまり、肥料ばかり説明してもつまらないので、次回は違うテーマで行いますので、よろしくお願いします。
[PR]

by hanaart-garden | 2009-03-09 20:49 | 田中 修一