庭造り日記


「はなあーと ガーデン」   名古屋市天白区を中心に外構工事、庭造りをする日々を綴った日記ですhttp://www.8187.co.jp/garden/
by hanaart-garden
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


バラとわたし  (第2回)  田中 修一

更新が遅れてしまい申し訳ありません。春の植栽シーズンも真っ只中。毎日お客様のお宅での植え込みにいそしんでいます。もし現場でお会いする機会がありましたら、ぜひ、バラの質問などありましたら、お声をおかけくださいね。

早速ではありますが、4月のお手入れについて、ご説明させていただきます。
4月に行うお手入れとしては、まず、「ブラインド処理」と「追肥」が挙げられます。
このどちらも、花を充実させて咲かせるために行う処理です。

「ブラインド処理」とは、花芽の無い枝を切り戻し、花芽をつけさせる処理のことを言います。多くの園芸書でも解説されているとは思いますが、5枚葉を3枚つけて切り戻すのが一般的です。

「追肥」とは、文字通り、肥料を追加することです。花を充実して咲かせるためには、肥料成分は必要不可欠です。しかし・・・ここで注意しなければいけないことがあります。この時期から、蕾が膨らみ開花の1週間前(概ね5月上旬)までは、可能ならば液体肥料を使い、開花時に肥料が、あまり残らないようにすることが望ましいということです。そして開花直前からは追肥を行いません。その理由としては、バラの花は開花時に肥料成分が必要以上にあると花心が乱れたり、花の形自体が乱れたりすることがあるためです。

以上の点に注意をしていただければ・・・あとは、春の開花を待つだけです!
[PR]

by hanaart-garden | 2008-04-30 21:49 | 田中 修一

現場近況報告(緑区 T様邸 角谷)

ご無沙汰しております、今日は大工の稲熊さんの登場です!とはいっても、ブログに登場することがご無沙汰しているだけで、いつも私達の大工仕事をサポートしてもらっています。
現在、大きな洗濯物干しスペースを作成中のT様邸。大好きな洗濯を存分に安心して干すことができるスペースを、木製のパーゴラで作成しています。

e0110872_20264513.jpg

写真ではわかりにくいのですが、敷地の余地が建物に平行ではないため、その台形に合わせたり、建物の窓の開き勝手や換気口、庇などと干渉しないよう、現場でシビアな寸法を打ち合わせしながらつくりすすめていきます。
高台にたつT様邸ですので、窓からの景色にも気遣いをし、現在開口になっている部分には、メッシュを取り付け、つる性の植物などを這わせ、スペースをあまりとらずにグリーンに囲まれるような雰囲気を演出する計画になっています。その片隅には奥様の選ばれた、お手持ちのアイアンの小物を飾ったり・・・いろいろと夢は広がります。
T様邸は、今後、ご自身で床の自然石を敷いていただき、植栽も一緒に施工させていただき、手作り感のあるナチュラルガーデンを目指して頑張っています。また、ご報告できる写真が撮影できましたら、ブログでもご紹介させていただきたいと思いますのでよろしく御願いいたします。
[PR]

by hanaart-garden | 2008-04-10 20:41 | 角谷 緑

完成現場のご報告(日進市 M様邸)

先日現場の近況をご報告させていただいた、日進市のM様邸ですが、完成いたしましたので、ご報告させていただきます。

e0110872_16592130.jpgアプローチの脇には自然石を積んだ花壇を作成し、緩やかなカーブと共に、草花などが楽しめるようにしました。植栽はご自宅にもともと植えていただいていたものを植え替えました。アプローチの自然石はインドの砂岩を使用。方形のものをランダムに貼りました。



e0110872_16593545.jpg門前のアプローチはコンクリートを石畳風に型押しした素材を選びました。車が載るだけの強度も得られます。表札はM様ご自身で、沖縄にご旅行されたときにつくっていただいた、琉球ガラスの一品です。こちらの表札を中心に、門廻りはモダンなイメージで統一しました。門扉も木調のものをセレクトし、枕木との調和をとりました。

e0110872_1659513.jpg複雑な形状の敷地に車を3台分とめたい、というのが今回一番のご希望でしたので、車庫とアプローチを兼用するようなデザインにし、圧迫感のない外構にデザインしました。

e0110872_170272.jpg門柱の後には、お花への水やりや、ちょっとした時に使える立水栓を設置。素材もリフォームで使わせていただいた素材に統一しました。
今回は外構全体をリフォームさせていただき、ずいぶんとイメージも一新されました。

解体工事から植栽までトータルにご依頼いただき、お時間はかかってしまいましたが、統一感のある、すっきりとした外観になりました。M様ご依頼いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。


[PR]

by hanaart-garden | 2008-04-04 18:41 | 施工例