庭造り日記


「はなあーと ガーデン」   名古屋市天白区を中心に外構工事、庭造りをする日々を綴った日記ですhttp://www.8187.co.jp/garden/
by hanaart-garden
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


現場近況報告(A様邸③ 角谷)

中庭工事の後半に差し掛かり、仕上げの工事に入ってきたA様邸。本日は左官職人の鈴木(みんなにすーさんと呼ばれています)がお邪魔して、犬ちゃん用の立水栓を仕上げていきました。

e0110872_22201841.jpgアクセントにA様が選ばれたメキシカンタイルをはりつけます。1枚の絵柄を、つなげていけるようになっているため、いったん仮に並べてみて、つながった絵柄の確認をしました。


e0110872_22202665.jpg横に定規をあてがって、まっすぐタイルが貼っていけるようにしてから、順番にタイルを貼っていきます。絵柄がきちんとつながっているか、A様ご夫婦と確認しながら進めていきます。

e0110872_22203274.jpg下の段にも同じように、絵柄をつなげるようにタイルを貼っていきます。
A様:「すーさん、それは左が上ですー!」
鈴木:「あ~、こっちかね~」
なんて声を掛け合いながら、タイルをぐるぐるまわしながらの貼り作業です。


e0110872_22203812.jpg
タイルをはり終わったら、今度は仕上げの塗装です。「コテのあとを少しだけ、しかも自然にのこしたい」とのA様のご要望に、いつもさせていただく仕上げとはちょっと違うので、すーさんも応えようと、「こんなかんじかね?」とA様にイメージを確認しながらすすめます。「あ~、そんな感じで!ワ~ッ、そのコテあとがいい感じだったのに~!」とA様もいろいろイメージを伝えてくれます。

e0110872_22204444.jpg

最後にはA様もいっしょになってすーさんのお手伝いをしていただきました。テラスの側面はそれほどコテあとをあまり残さないようにとのご要望だったので、すーさんが塗ったあとを、ローラーを使いコテヤマを押さえて、やさしい感じに仕上げていきました。「こんな感じですか?」とA様もすーさんに聞きながら、作業もいつの間にか夢中になって、結局全部お手伝いしていただいていました。
ご自身のお庭も少しでも参加しながらつくりあげることは、お庭への愛着も増し、こういった場面でしか出会うことのない職人さんとも交流でき、思い出も一緒になって刻んでいくことができて、私自身も、本当に楽しい時間を感じることができました。A様ご夫婦、寒い中、お疲れ様でした!そしてありがとうございました!
[PR]

by hanaart-garden | 2007-02-17 22:57 | 角谷 緑

完成現場のご報告(豊明市 K様邸 角谷)

玄関前のリフォームをご依頼いただいたK様。圧迫感のある、高低差のある玄関アプローチを美しくしたい!といったご要望でした。素敵な山荘風のイメージはそのままに、圧迫感のある細いアプローチを、開放感のあり、高低差を楽しみながら歩けるようなアプローチにリフォームさせていただきました。既存のブロックを一部撤去して、壁を低くすることで、歩く人も植物を楽しみながら歩くことが出来るようになりました。

▼施工前の状況。
e0110872_2235763.jpge0110872_22351590.jpg








K様ご自身で取り付けたお気に入りのタイルはそのまま残し、塗装を一新するだけでもずいぶんとイメージが変わりました。

e0110872_22405437.jpg
植栽は色々な葉色を楽しめる宿根草をセレクト。葉の色や形の違いで立体的にみせています。時々咲いてくれる草花の花から季節感も感じられます。


e0110872_22353042.jpgK様ご自作のウッドデッキの前に小さな斜面をつくりロックガーデンに。植栽が良く映えます。階段も道路の付近より作成して、圧迫感を軽減しました。自然石を積み上げて作ったステップは、現在のおうちのイメージに良く合っています。オレンジ色のパラソルもお庭の素敵なアクセントのひとつになっています。



e0110872_22353756.jpgポストも今回のイメージに合わせ、目立ち過ぎないように低めにセット。枕木の横板の上には、K様の作られたステンドグラスが飾ってあり、お客様をお出迎え。季節やイベントにより取り替えられるようになっていました。e0110872_22354375.jpg







アプローチは大きくお庭と同じ高さの面をつくり、ゆったりとしたイメージに。インドの砂岩を割った自然石はリズミカルに張られています。


e0110872_22354929.jpgK様の友人からのプレゼントのキャンドルスタンド。植栽の間に夜は幻想的なイメージに。



e0110872_22355856.jpge0110872_2236484.jpg
色とりどりの宿根草。K様のお手入れのおかげですっかりすくすく育っていました!今後の成長が楽しみです!
[PR]

by hanaart-garden | 2007-02-10 23:28 | 角谷 緑

完成現場のご報告(大府市 キッズハウスひまわり様)

大府市のご自宅の敷地の中に託児所をオープンさせた「キッズハウスひまわり」様。はなあーとともご縁があって、このたび託児所の外まわりと、ご自宅の門周りをご依頼いただくことになりました。花と緑がいっぱいに!とのご要望で、あとは全面的にお任せいただき、2006年11月、無事に「キッズハウスひまわり」さんが完成しました。

e0110872_19475891.jpg
施工前の写真。純和風のお家の横のスペースに託児所が併設される予定です。


e0110872_1948954.jpg
植栽後すぐの写真。託児所の周りには運動場があり、お子様が安全に遊べるようにフェンスで囲みました。フェンスは透過性のあるメッシュのフェンスを使用。運動場の外に植栽した景色をフェンス越しに取り込むことができます。メッシュのフェンスは極力ナチュラルにと思い、柱に枕木を使用しました。駐車場とアプローチも、機能上車も乗り入れ可能なコンクリートに。石目調にすることで、まるでお庭の中のにいるようなイメージになりました。


e0110872_19481699.jpg
こちらはご自宅の門廻りです。和風建築ですが、託児所のほうとあまりイメージが離れてしまわないよう、華奢ながらも、スペースを区切り、モダンなイメージに仕上げました。両脇の門柱はインドの砂岩を切り出したもの。お名前を彫って表札の役割もはたしています。


e0110872_19482350.jpg
和室の前のお庭は、ご家族の皆様でくつろげるような、華々しいイメージでつくりました。メインの高木は和風のイメージによく合う「コハウチワカエデ」と、お花が星のようでかわいらしい「ヤマボウシ」を植栽。フォーカルポイントとして大きな石を設置。お部屋の中からもその石を中心として、移り変わる四季を楽しむことができます。


e0110872_19482859.jpg
道路側の法面も植栽をほどこし、道行く人の目を楽しませます。植栽工事もとても大掛かりな工事となり、完成までに丸3日間かかりました。植栽させていただいたスタッフもはなあーとの社長である横井をはじめ、須田、その他大勢・・・・関わらせていただきました。今後のお庭の成長や「キッズハウスひまわり」を皆で楽しみにしております。
[PR]

by hanaart-garden | 2007-02-06 20:39 | 施工例

現場近況報告(Y様邸①)

お庭の工事と外構工事をご依頼いただいたY様。とにかくウッドに囲まれたマイホームにしたい!とマイホーム計画のはじめから、ウッドフェンスを夢見て、それが合うようなお家の外観にするなど、フェンスへの思い入れは大きなものでした。そんなY様のお家ですが、今週の週末には建築会社の主催されるオープンハウスがあり、せっかくなので、お家の中から見える場所だけでもウッドフェンスが見える景色をお見せしたい!というご要望があり、先行してウッドフェンスの施工に入らせていただきました。

e0110872_1965618.jpg
本日完成したフェンスの写真。現場では何度も検討を重ねこちらの形になりました。真っ白い外観にブラウンのウッドフェンスがよく映えます。フェンスのストライプも全体に対してバランスよく入っています。今日はそのウッドフェンスの施工を過程を順を追ってみてみようと思います。


e0110872_197595.jpg先ずは支柱を立てていきます。支柱の高さは当初2mを予定していましたが、せっかくのお庭なのであまり圧迫感を感じたくないということと、道路からの目線が少しでも気にならないように、ということで、最善の高さに設定するために、先ずは2mの材木をお渡しして、ご夫婦で話し合っていただき、1.7mに決定いただきました。柱の長さも1.7mにあわせてカットして立ててあります。振れ止めに仮に材木でとめていきます。小さく写る大工職人の「稲熊さん」が今回も施工しています。

e0110872_1971287.jpg機器を使って高さのチェックをしています。Y様はお家の中からのイメージやお庭での視線をとても検討されていました。ウッドのイメージを大事にしつつ、圧迫感をなくし、お隣の方とも少しお話が出来るように、ただ道路があまり見えないように・・・・・・とかなりの検討を、Y様と一緒に、デザイナー・職人共に重ねた結果、ウッドとウッドの板の間隔を目隠しにするには少し大きめの5cmにし、高さを道路側は当初予定の1.7mとし、隣地の方はお隣さんとのコミュニケーションなど考え1.5mと、若干低くに設定しなおしました。

e0110872_1973977.jpg塗装をあらかじめ、倉庫のほうで施してきました。今回の塗装は「サドリン」の「ウォールナット」色を選択。実はY様、非常にアンティックなものなどがお好きで、お家の中にもこのような色の梁を施すなど、インテリアともつながったお庭のイメージをはじめからはっきりともたれていたようです。

e0110872_1974961.jpg笠木といって振れ止めの材木を柱の上にうった後、5cmの間隔をあけつつ、1×6材を使って上から順番にはっていきます。材木はウエスタンレッドシダーを使用しました。

e0110872_1975999.jpg南面と東面が完了。内側からみると、ウッディーなイメージたっぷりですが、さほど圧迫感もなく、ご検討を重ねていただいた分、思い描いたフェンスが出来たのでは・・・・と感じました。こうして一緒にお話しながら、皆で意見を出し合って作り上げていくことは、大変なことなのですが、それ以上に、すてきなものになりましたよね・・・。愛着もでてきて、大事にしていただければ、メンテナンスも楽しくしていただけるのでは、と考えたり、これからのY様のお庭造りが楽しみです。その他、まだまだ夢一杯のY様邸。工事が進みましたらご報告させていただきます。
[PR]

by hanaart-garden | 2007-02-01 21:27 | 施工例