庭造り日記


「はなあーと ガーデン」   名古屋市天白区を中心に外構工事、庭造りをする日々を綴った日記ですhttp://www.8187.co.jp/garden/
by hanaart-garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:角谷 緑( 68 )


現場近況報告(A様邸④ 角谷)

長らくご報告させていただいたA様の工事も後は植栽を待つのみとなりました。今回は玄関の前のリフォームをご報告させていただきます。
e0110872_19535222.jpg

玄関前は、ポスト・表札・花壇・後ろのぬりかべについては、変更することなくご建築されたときに外構の工事の方にしていただいたままにして、新たに花置台を設置。枕木で柱を立て、その間に横板を渡し、棚を作成しました。寄せ植えをたくさんつくられる奥様の作品がお客様に見ていただけるようになりました。アイアンの取っ手はちょっとしたものをかけたり出来るように取付しました。枕木の足元につけたフックも実はわんちゃんのリードのために取り付けたのですが、すごい力を持っていることがわかったので、出来たらあまり頻繁には使わないでいてもらえると・・・と感じました。全体にバランスの取れたリズミカルな花台になりました!

e0110872_19535989.jpg

植栽を待ちきれずに、奥様が作成したコンテナ。春を楽しみに待って見える気持ちが伝わってきます。私達も植栽させていただく日を楽しみにしております!また植栽させていただきましたら、完成のご報告をさせていただきたいと思います。
[PR]

by hanaart-garden | 2007-03-18 20:04 | 角谷 緑

完成現場のご報告(三好町 F様邸 角谷)

e0110872_2320448.jpg

2005年の年末より2006年の年明けにかけてハード工事に入らせていただいたF様邸。植栽は春を待って、ちょうど一年前ぐらいですが2006年4月に植え込みさせていただきました。
「グレーで統一した、シンプルでシックなイメージを生かした外構やお庭にしたい!」とのご要望により、厳選した色味のレンガを使用し、駐車場を石風の塗装を施し、全体を作りこみすぎず、建物に調和した雰囲気にまとめました。

e0110872_23201149.jpg門廻りは外壁とあわせた塗装材で統一感を出しています。アクセントにはステップとおそろいの上海レンガを。足元にあしらった季節の花、「イソトマ」がお客様をやさしく迎えます。ポストはシンプルで飽きのこない銅製のものを使用。表札も装飾を排除してすっきりとさせました。

e0110872_23201772.jpg勝手口からつながるステップも、玄関ステップと素材を合わせ上海レンガを使用。駐車場とのつながりも考え、ステップの一部も芝生にしました。

e0110872_23202460.jpgお子様が楽しみにしてみえる「巨峰」の苗木。木製のサイクルヤードは建物の雰囲気に合わせ、パーゴラにし、巨峰のスペースも兼ねています。

e0110872_23203051.jpg玄関のそばの窓辺には、早春を感じさせる黄色い花の美しい「トサミズキ」を植栽。足元には花の色を抑えた「クリスマスローズ」や「アカンサスモリス」・「アルケミラモリス」などを植栽。


e0110872_23203617.jpg「アカンサスモリス」は葉も大きく、形も個性的で、シンボリックな大型草花です。お花もインパクトがあります。


e0110872_23204270.jpg「クレマチス・モンタナ‘スノーフレーク‘」
毎朝新聞を取りに行くのが楽しみになったそうです。今年の春の見ごろが楽しみです。白い清楚なクレマチスです


e0110872_23204921.jpg南側のお庭のフォーカルポイントに門柱とおそろいの立水栓を作成。奥様のご要望でひとまわり小さくつくり、細やかなイメージになりました。立水栓の手前に植栽した「コハウチワカエデ」がお庭の中で遠近感を感じさせてくれます。


e0110872_23205597.jpg立水栓の背面にはホースリールを取付け、散水用のホースを巻いて片付けることができます。

e0110872_2321292.jpg
南側のお庭の植栽は3年後を見据えて、選び抜いたものだけを植栽。植栽工事をさせていただいた日も、ご夫婦で楽しみながらご参加いただいたこともあり、撮影に伺ったときにはすくすくと育っていました。こだわって選ばれた数種のバラもあり、こちらも成長の過程もとても楽しみです。いつもお庭の様子をこまめにメールしてくださるF様。お伺いすると、ついついお庭談議に花がさいて長居していまうことも・・・。また植栽して1年後の春のお庭や植物の様子も撮影しにお伺いしますので、よろしくお願いいたします!
[PR]

by hanaart-garden | 2007-03-13 00:15 | 角谷 緑

現場近況報告(A様邸③ 角谷)

中庭工事の後半に差し掛かり、仕上げの工事に入ってきたA様邸。本日は左官職人の鈴木(みんなにすーさんと呼ばれています)がお邪魔して、犬ちゃん用の立水栓を仕上げていきました。

e0110872_22201841.jpgアクセントにA様が選ばれたメキシカンタイルをはりつけます。1枚の絵柄を、つなげていけるようになっているため、いったん仮に並べてみて、つながった絵柄の確認をしました。


e0110872_22202665.jpg横に定規をあてがって、まっすぐタイルが貼っていけるようにしてから、順番にタイルを貼っていきます。絵柄がきちんとつながっているか、A様ご夫婦と確認しながら進めていきます。

e0110872_22203274.jpg下の段にも同じように、絵柄をつなげるようにタイルを貼っていきます。
A様:「すーさん、それは左が上ですー!」
鈴木:「あ~、こっちかね~」
なんて声を掛け合いながら、タイルをぐるぐるまわしながらの貼り作業です。


e0110872_22203812.jpg
タイルをはり終わったら、今度は仕上げの塗装です。「コテのあとを少しだけ、しかも自然にのこしたい」とのA様のご要望に、いつもさせていただく仕上げとはちょっと違うので、すーさんも応えようと、「こんなかんじかね?」とA様にイメージを確認しながらすすめます。「あ~、そんな感じで!ワ~ッ、そのコテあとがいい感じだったのに~!」とA様もいろいろイメージを伝えてくれます。

e0110872_22204444.jpg

最後にはA様もいっしょになってすーさんのお手伝いをしていただきました。テラスの側面はそれほどコテあとをあまり残さないようにとのご要望だったので、すーさんが塗ったあとを、ローラーを使いコテヤマを押さえて、やさしい感じに仕上げていきました。「こんな感じですか?」とA様もすーさんに聞きながら、作業もいつの間にか夢中になって、結局全部お手伝いしていただいていました。
ご自身のお庭も少しでも参加しながらつくりあげることは、お庭への愛着も増し、こういった場面でしか出会うことのない職人さんとも交流でき、思い出も一緒になって刻んでいくことができて、私自身も、本当に楽しい時間を感じることができました。A様ご夫婦、寒い中、お疲れ様でした!そしてありがとうございました!
[PR]

by hanaart-garden | 2007-02-17 22:57 | 角谷 緑

完成現場のご報告(豊明市 K様邸 角谷)

玄関前のリフォームをご依頼いただいたK様。圧迫感のある、高低差のある玄関アプローチを美しくしたい!といったご要望でした。素敵な山荘風のイメージはそのままに、圧迫感のある細いアプローチを、開放感のあり、高低差を楽しみながら歩けるようなアプローチにリフォームさせていただきました。既存のブロックを一部撤去して、壁を低くすることで、歩く人も植物を楽しみながら歩くことが出来るようになりました。

▼施工前の状況。
e0110872_2235763.jpge0110872_22351590.jpg








K様ご自身で取り付けたお気に入りのタイルはそのまま残し、塗装を一新するだけでもずいぶんとイメージが変わりました。

e0110872_22405437.jpg
植栽は色々な葉色を楽しめる宿根草をセレクト。葉の色や形の違いで立体的にみせています。時々咲いてくれる草花の花から季節感も感じられます。


e0110872_22353042.jpgK様ご自作のウッドデッキの前に小さな斜面をつくりロックガーデンに。植栽が良く映えます。階段も道路の付近より作成して、圧迫感を軽減しました。自然石を積み上げて作ったステップは、現在のおうちのイメージに良く合っています。オレンジ色のパラソルもお庭の素敵なアクセントのひとつになっています。



e0110872_22353756.jpgポストも今回のイメージに合わせ、目立ち過ぎないように低めにセット。枕木の横板の上には、K様の作られたステンドグラスが飾ってあり、お客様をお出迎え。季節やイベントにより取り替えられるようになっていました。e0110872_22354375.jpg







アプローチは大きくお庭と同じ高さの面をつくり、ゆったりとしたイメージに。インドの砂岩を割った自然石はリズミカルに張られています。


e0110872_22354929.jpgK様の友人からのプレゼントのキャンドルスタンド。植栽の間に夜は幻想的なイメージに。



e0110872_22355856.jpge0110872_2236484.jpg
色とりどりの宿根草。K様のお手入れのおかげですっかりすくすく育っていました!今後の成長が楽しみです!
[PR]

by hanaart-garden | 2007-02-10 23:28 | 角谷 緑

現場近況報告(A様邸② 角谷)

お庭の中に立水栓など、取り入れたA様邸のお庭。そんなA様の犬ちゃんへの思い入れは強いもので、ひとつは犬ちゃん用のシャワーをつけた立水栓を作成する予定でいます。そしてもうひとつは、植物へのお水やリのときに、床を見るのが楽しくなりそうな大きな立水栓。こちらは、窓の前の花台の役割もはたしています。工事はまだ途中なのですが、今日はそれぞれの立水栓の仕上げの一部をA様に一緒にご参加いただきました。
A様、寒い中、暗くなるまで、根気よくお付き合いいただきありがとうございました!

e0110872_23115463.jpg
まずは花台になるほうの立水栓の床のタイルを配置。大きなタイルは風合いのいい、イタリア産のタイルを、A様が自ら探してみえたものです。次に大きなタイルの間に色をつけたモルタルを敷き、小さなモザイクタイルをバランスをみながら配置していきます。小さなモザイクタイルもA様のお気に入りの色を探してみえました。モルタルの柔らかいうちにハンマーや手でたたきこんで埋めていきます。


e0110872_23123065.jpg
こちらは何をしているところかというと、犬ちゃんのシャワー付き立水栓の前に手形(足型?)をつけているところです。意外に犬ちゃんが手形を取られることを嫌がって、何度も何度も・・・・・トライしていただきました。やはり、賢い犬ちゃんも、このセメントの感触があまり今までに感じたことが無いことなのか、力が入ってしまってなかなか上手にとらせてもらうことができませんでした。

e0110872_23124665.jpg
やっととらせてもらえた愛犬2匹の足型です。3個手形がありますが、二つ同じ犬ちゃんのものがあります。とらせていただいて面白いと思ったのが、犬ちゃんの身体のおおきさと手の大きさは種類によって全然違って、身体の小さな犬ちゃんのほうが手形はかなり大きくしっかりしていました。

e0110872_23125984.jpg最後にA様に少し手書きで文字を加えていただきました。こちらも鉛筆で字を書くようには出来ないので細い棒で点をたくさんつなげて字に見えるように書いていただきました。今日の日付と犬ちゃんたちのお名前など、奥様のご希望のイメージで書いていただきました。写真はすっかり日が落ちてしまったので、光って上手に取れませんでしたが、無事手形が完成しました!

こうしてずいぶんとお時間をとらせてしまいましたが、私も楽しく参加させていただきました。いつの間にか、苦手だった犬ちゃんとも、今日一日で少し距離が縮まったような気がしました。一日ありがとうございました!



[PR]

by hanaart-garden | 2007-01-29 23:51 | 角谷 緑

現場近況報告(T様邸① 角谷)

年末のお引越し後から、今もお世話にっているT様邸。こだわりのマイホームで、シンプルな中にもウッドのアクセントを使ったり、アンティーク調の照明を使うなど、モダンになりすぎず、ナチュラルなイメージも、反映されていました。そこで、ご提案させていただいたのが、自然石を使った土留め壁、ナチュラルな石のアプローチ、はなあーとオリジナルアイアンフェンス・・・などなど、柔らかいイメージで、植栽とよくなじむ素材を選択しました。今日時点でまだ本格的には出来上がっていないので、途中の経過をご紹介させていただきます。

e0110872_20391810.jpg
オールマイティーに施工できる職人の「近藤さん」と相棒の重機(ユンボ)です。皆さん「秀さん」でご存知のかたもみえるのではないでしょうか?写真はフェンスの取付をしているところです。重機(ユンボ)に乗って土の掘削をしたり、門やアプローチ、石積みなど、外構工事や中庭工事のほとんどを、てきぱきとした動きでひとりでこなしていきます!とても大きな重機(ユンボ)を細やかに動かし、高さをあわせて掘り進めていく姿はまさに‘職人技‘です。


e0110872_2040038.jpg秀さん作。アプローチはライムストーンの自然石を使用しました。目地の色に少し色を加え、より自然なイメージ。土の部分は春には植栽を植え込みする予定です。


e0110872_2040714.jpgこちらも秀さん作、自然石の石積みです。限られた高さの中に、大小、大きさの違う石を組み合わせ、遠近感を出しています。こちらの石積みの上にも、春には植栽を植える予定です。自然石とつる性の植栽など、上手になじんでくれることを期待しています!


e0110872_20401270.jpg左官職人の「鈴木さん」。左官歴も、人生でも‘大先輩‘です。秀さんの作ってきた構造物の最終仕上げをしています。仕上げの塗装など、コテを使い、自然な風合いを得意としています。なんとも言えない、規則的過ぎない仕上げは、私個人とても好きで、嫌味がなく、植栽に良くなじむように感じています。
こうして、それぞれの職人さんがそれぞれの力をあわせて、日々現場を作り上げてくれます。私達の意図するイメージを伝え合いながら、実際にこうして、つくりあげてもらえる仲間がいることに、いつも感謝しています!
[PR]

by hanaart-garden | 2007-01-26 21:33 | 角谷 緑

完成現場のご報告 (瀬戸市 S様邸 角谷)

去年の春(2006年春)に完成した瀬戸市のS様邸の完成現場のご報告です。
S様のお家は2005年12月にご新築され、外構工事・植栽工事をご依頼いただきました。ちょうど外構工事は去年の今頃・2006年の2月からスタートさせていただき、約3週間ほどお世話になりました。植栽工事は、施工範囲がとても広く2006年の4月中旬頃、丸3日間かけて植栽させていただきました。S様には長い間、工事でお邪魔してお世話になったせいか、工事が終ってしまった時には、少し寂しい気までしてしまうほどでした。いつも、お茶やお菓子でおもてなし頂いたウッドデッキでの楽しいお話の時間は、お庭の中でも特等席で、とても心地よいものでした。S様、ありがとうございました!

e0110872_22122627.jpg←お家の完成間近の写真(S様ご撮影)
地域の造成計画の規定があり、大きな斜面(法面)を生かした外構にしなければならないので、あまり塀など囲いのない状態になっています。工事の始まった季節はちょうど、この写真ほどではありませんでしたが、寒い真冬の季節でした。

e0110872_22125075.jpg→3方向道路に囲まれているので、全体に開放的なイメージに。窓枠などに使われているアクセントの白にあわせ、土留めの塗装も白にし、高さも低めに設定してあります。駐車場も大きな面積を占めるため、石のようなコンクリートに。お庭の一部のようなイメージになりました。


e0110872_2212407.jpg←建物北側も、通常では寂しいイメージになりがちですが、S様のご希望で、道行く人の目を楽しませるような、お庭のイメージにしました。アクセントには「はなあーとオリジンナルアイアンフェンス」を使用。モッコウバラなど、つる性の植物も楽しむことができます。

e0110872_22131147.jpgアプローチはインドの砂岩を使用。乱形のリズミカルな仕上がりは石の自然な形を生かしています。オールマイティー職人の「アルティザン秀」さんの力作です。

e0110872_22132187.jpg

シンボルツリーには常緑のシマトネリコを。木製の白い階段によく映えます。将来は階段にもやさしい影を落としてくれます。



e0110872_22165756.jpgお家の外観に合わせた木製小屋は、ご夫婦で作った力作です。落葉樹のエゴノキなどの植栽がからみ、まるで山小屋のようなイメージです。

e0110872_22423230.jpg

門廻りはS様のこだわりの国旗を彩ったポストをアクセントに。鮮やかなブルーがポイントになっています。
[PR]

by hanaart-garden | 2007-01-17 23:23 | 角谷 緑

春が待ち遠しいです

毎年1月は年明けということもあって、お仕事のほうも少し落ち着いた雰囲気になっています。時期としては冬といったこともあり、植栽をいろいろコーディネイトしながら植えることができないので、今お仕事をさせていただいている方は、少し前もって春になったら植栽が出来るように、その下準備をさせていただくといった感じです。

テラスやウッドデッキを作ったり、花壇を作ったり・・・・。その場所からみて、春に植栽が入ったら、ゆったりとした空間になるだろうな・・・、お茶でもご家族で・・・ハーブを植えたいな・・・・など、一緒に想像しながら、工事のほうを進めさせていただいています。

早く植栽ができたら、と「春」を待ち望んでいます。

お客様の中には、一緒に植栽工事をお手伝いしてくださる方もみえます。
こちらは、現場の作業内容や、天候などにより、お断りさせていただくこともあるのですが、参加していただくことで、お庭への愛着も生まれ、お手入れも続けてしていただけると思うので、もしそういったご希望がありましたら、ご相談ください。e0110872_20361061.jpg
草花の植え込みなど、お手入れ方法などお話しながら、私達スタッフと一緒に植え込みさせていただくのも、本当に楽しいものです。
お子様も一緒に、お手伝いしてくださる方もみえます。ご家族みんなで作り上げたお庭は、育てる楽しみも共有できて・・・、喜びも、ひとしおですよね。

そんな、暖かい「春」がくるのを想像しながら、日々、施工工事に励んでいます。
また、そんな、お庭造りをさせていただけることに、私達も日々楽しみながらお手伝いさせていただいています。

e0110872_20365874.jpg
←↑T様のお宅での植栽風景。芝生敷きや植栽した草花に肥料をあげたり・・・たくさんお手伝いしていただきました!
[PR]

by hanaart-garden | 2007-01-11 20:32 | 角谷 緑