庭造り日記


「はなあーと ガーデン」   名古屋市天白区を中心に外構工事、庭造りをする日々を綴った日記ですhttp://www.8187.co.jp/garden/
by hanaart-garden
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:坂 敦司( 48 )


完成現場のご報告(千種区 H様邸 坂)

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加していますのでクリックお願いいたします。
e0110872_047254.jpg
昨年秋の終わりに外構工事と植栽まで施工させていただきましたH様邸のご紹介。
道路と駐車スペースの間に植栽帯を設けたり、外壁と門柱との隙間に植栽(ニューサイランなど)を配置する、アプローチを蛇行させるなど、実際の奥行きより奥行きを感じる工夫を随所に取り入れました。

e0110872_0471936.jpg
上の写真は駐車場からウッドデッキ方向を撮った写真。
ご主人様こだわりのウッドデッキを設置すると駐車場とウッドデッキの間の奥行きが短すぎて庭を楽しむ空間がなくなってしまうという問題を抱えてました。
中庭スペースの地盤高をウッドデッキの高さと合わせることで、デッキから段差なくそのまま芝生に出ることが出来るようになり、広い空間となりました。
ウッドデッキに出るのが楽しみになったと大変喜んでいただいています。
寒さも緩み、芽吹きが楽しみな時期になってきました。植えるときには冬らしくなっていた芝生が緑になるのが今からとても楽しみです。
H様、改めてお写真を撮りにお伺いたいと思もってますので、よろしくお願いします。
[PR]

by hanaart-garden | 2010-03-05 00:51 | 坂 敦司

完成現場のご報告(緑区 M様邸 坂)

e0110872_158113.jpg

先日、外構と中庭の現場が完成いたしましたので、ご紹介させていただきます。
お客様からは、ナチュラルでプロバンス風にというご希望があり、素材では、屋根のテラコッタに合わせ、アプローチは耐火レンガを選択しました。また、駐車場もアプローチに色合いを合わせ石風のコンクリートにしました。コンクリートなので、車が駐車するのに十分な構造でもあります。アプローチは毎日楽しく歩いていただけるよう、曲線的にし、両側に花壇を作成しました。駐車場には道路から直接見えないように枕木とオリーブの目隠しを作りました。


e0110872_1583461.jpg門柱はレンガと塗り壁の組み合わせで、M様お好みのスタイルに・・・。


e0110872_1584429.jpg階段はレンガを扇形にならべ、見るのが楽しいデザインにしました。


e0110872_1585715.jpg耐火レンガに色合いを合わせた石風のコンクリートです。


e0110872_159116.jpg
道路からのお庭への境界は「はなあーとオリジナルアイアンフェンス」と植栽による自然な目隠しにしました。植栽帯はロックガーデンにし、奥行き感を出しています。


e0110872_1592251.jpge0110872_15933100.jpgハード工事から植栽まで、大変時間が空きお待たせしましたが、植栽が終わったあと、早速、お客様のお手持ちの小物を植栽の合間においていただき、楽しんでいただいておりました。
[PR]

by hanaart-garden | 2009-04-23 15:28 | 坂 敦司

完成現場のご報告 (豊田市 H様邸 坂)

本日は2008年5月に完成した豊田市H様邸をご紹介させていただきます!写真を撮影させていただいたのは植栽をさせていただいてから2ヶ月ほど経った夏ごろ撮影させていただきました。
e0110872_17411477.jpg
北欧風カントリーハウスの外構をご依頼いただきました。ナチュラルカラーに、くっきりとした白いラインが特徴的なので、カーポートや土留めの壁も白にし、全体に統一感を持たせました。素材の色を外壁の色に合わせ、ナチュラルなイメージにまとめました。


e0110872_1742194.jpge0110872_17421794.jpg








エントランスは、枕木と塗り壁で門柱をつくり、階段を曲線に仕上げることで、ナチュラルで優しいイメージになりました。その横の斜面は、ご来客への見せ場として、ロックガーデンを。スペースとしてもふところが大きいので、奥の壁際には低木を、手前には草花等を配置し、立体感を演出しました。機能上必要な塗り壁もグリーンを引き立てる素敵な背景になります。



e0110872_17423738.jpge0110872_17472488.jpg

隣地との境界は、枕木とメッシュの組み合わせです。フェンスにはクレマチス等のつる性植物を絡ませました。



e0110872_17425673.jpge0110872_17433752.jpg駐車スペースとガーデンスペースとの境界の土留めを曲線にすることで、お庭へのつながりを柔らかく演出しています。駐車場へ通じるスロープも駐車場とあわせた石風のコンクリートです。


e0110872_17435726.jpg立水栓も門柱と同じ素材でつくり、お庭との統一感をだしました。
今回は外構工事と植栽工事をH様からご依頼いただきました。H様とはご建築の着工の頃からお話させていただき、十分にお打ち合わせのお時間もいただきました。また、ポストや表札など、細かいパーツにいたるまでH様のこだわりが十分に生かされ、素敵な外観にまとまり良かったなぁ・・・・と感じています。今後は植栽のお手入れなど、楽しみながら、育てていただけるとありがたいです。H様今後とも何卒よろしく御願いいたします!
[PR]

by hanaart-garden | 2009-01-16 18:35 | 坂 敦司

完成現場のご報告(千種区 U様邸 坂)

e0110872_1937322.jpg
この春に植栽し、完成した、千種区U様邸。お家のシンプルでモダンなイメージを生かしつつ、ナチュラルな石や植栽を加え、ゆったりとした空間を演出しています。


e0110872_19371280.jpg
建物のホワイトを背景に、自然石積の門柱が存在感をあらわし、豊かな表情も与えてくれます。門から玄関へと続くアプローチは、石畳風のコンクリートです。駐車スペースとの一体感も与え、調和しています。


e0110872_19373860.jpge0110872_19374611.jpg門扉の向こうに透けて見える植栽は、門の圧迫感を少なくし、アプローチを、より長く感じさせます。



e0110872_19375491.jpge0110872_19381132.jpg
壁との隙間にライトを設置することによって、間接的な灯りを演出します。門の裏側にあるわずかな隙間を生かし、水栓を取付ました。植物への散水にとても便利です。



e0110872_19382157.jpgシンボルツリーのエゴノキが、建物のシャープなイメージを生かしつつ、やさしさを与えてくれます。また、アプローチに柔らかな木陰もつくってくれます。



e0110872_19382958.jpge0110872_2022562.jpg
限られたスペースに落ち着いた植物でいろどりを演出しました。
[PR]

by hanaart-garden | 2008-09-29 20:24 | 坂 敦司

外構やお庭のご相談にどうぞ!・・・ガーデニングスタッフ常駐しています!

皆様、いかがおすごしでしょうか?ガーデン事業部の責任者をさせていただいております坂と申します。夏から秋にかけて、ガーデニングのご相談をショップにてお申し込みの際、ガーデンのスタッフが外に全員出てしまっていることで、今まで、タイムリーにお返事ができず、ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。
そういったご不便を解消できたらと思い、このたび、ガーデニングスタッフを毎日日替わりで常駐させております。もし、具体的にご相談の内容がお伺いできるのであれば、お打ち合わせもスムーズかとおもいますので、実際のお庭やご新築現場の現状のお写真や、図面などございましたら、お持ちいただけるととても助かります。
またその日の打ち合わせの状況により若干お待たせすることがあるかもしれませんが、その際はご了承いただければとおもいます。

各曜日の担当は下記のようにさせていただいております。はなあーとでガーデニングを以前にしていただいた方も、ご相談ございましたらぜひご来店ください。

月曜日担当・・・須田 章之
火曜日担当・・・近藤 リカ
水曜日担当・・・水野 剛
木曜日担当・・・角谷 緑
金曜日担当・・・坂 敦司
土曜・日曜は週替わりでローテーションを組んでいます。
※各担当の現場状況により、変更することがあります。

冬の間は植栽工事もいったんオフシーズンになってしまいますが、今が計画のチャンスです。春に向けての植栽計画や、そこにまつわる準備工事など・・・皆様のご相談お待ちしております。

e0110872_1949670.jpg

最後に私、坂の、最近施工させていただいたお庭の中で、力作となり印象に残っている豊田のI様邸のお写真をご紹介させていただきます。お子様の自然観察にもなるビオトープとして、シンプルモダンなお家の雰囲気に合わせた象徴的な水まわりのオブジェとして作成させていただきました。植栽をこの秋にさせていただいたのですが、来春には、また違った景色をみせてくれると期待しております。ぜひそのときにはお写真をとらせていただきたいとおもっておりますのでI様、よろしくお願いいたします!
[PR]

by hanaart-garden | 2007-12-07 20:37 | 坂 敦司

完成現場のご報告(碧南市 I様邸 坂)

2007年の冬から外構工事をさせていただいたI様邸。淡い色合いでまとめられた建物の優しい雰囲気を壊さないよう、車庫も同色で塗装し、外構全体も優しいイメージでデザインしました。
e0110872_163452.jpg


e0110872_163148.jpg外構施工前の様子。以前からある和風の石組みと、新しい洋風の建物が少し違和感がありました。




e0110872_1632171.jpg建物と道路との距離が近いため、アプローチの空間をいかに広くみせるかが大きなポイントでした。自然石の石張りを蛇行させることで左右に植栽スペースを設けています。

e0110872_1633116.jpg





また、道行く人々にも楽しんでいただけるよう、道路側にも植栽スペースを設けました。表札は、ご主人が書かれた習字の文字をアイアンで型抜きした、オリジナルなものです。



e0110872_1635019.jpg
和室からの眺めに、癒しのアジアンテイストを取り入れる為、バリの石うすを使ったオブジェをつくりました。


e0110872_164062.jpg奥様が開いていらっしゃる歌謡教室‘Poco a Poco‘は、イタリア語で‘少しずつ‘の意。柔らかい言葉のイメージに合わせ、看板もデザインしました。




e0110872_164846.jpge0110872_1641623.jpg


植栽の範囲が広いため、立水栓を2箇所に設けました。それぞれ、奥様のご要望に沿って、周りに使っているモチーフに合わせコーディネイトしています。


e0110872_1642818.jpg
お教室も前はウッドフェンスで少し目隠しを。奥様のご要望でフェンスに絡ませるよう、モッコウバラを植え込みました。春の訪れが大変楽しみです。夜はマリンライトがシマトネリコのを優しく照らしだします。
[PR]

by hanaart-garden | 2007-09-03 17:09 | 坂 敦司

完成現場のご報告(豊田市 S様邸 坂)

お客様こだわりのログハウスの外構工事のご依頼です。外構はウッドばかりにならないようにして欲しいとのご要望で、全体には落ち着きのある、ナチュラルなイメージにご提案させていただきました。
e0110872_20541477.jpg
植栽後の様子。ベルギーの自然石を使いナチュラルなイメージに。


e0110872_20542282.jpg道路面は、はなあーとオリジナルアイアンフェンスを設置。フェンスはつなげてしまわずに、間隔をあけ、隙間に高木を植栽。柔らかなクローズ外構になりました。フェンスから植栽が見えることも、そのやさしさを演出するのに一役かっています。
e0110872_20543064.jpg


e0110872_20544487.jpg門柱には枕木を使用し、ウッドの家と外構の調和を図りました。シンボルツリーの「エゴノキ」が門まわりにやさしい木陰をつくります。





e0110872_20551326.jpge0110872_20553970.jpg玄関ポーチから駐車場にかけてのアプローチや階段はベルギーの石畳を再生したものを使用しました。グレーからブラウンにかけての落ち着いた色合いは、重厚感とヨーロッパの歴史を感じさせる奥深さがあります。そこにつながる駐車場はスタンプコンクリートで石畳を再現しました。アプローチの風合いに近づくよう着色するのはデザイナーの腕の見せ所です。


e0110872_20555736.jpg
立水栓は土留の壁などと同じ素材で作りました。蛇口の後ろに取り付けたレリーフもひとつのポイントになっています。植栽が立水栓に重なってくると、また一段とお庭に奥行きも感じられ、引き締まった印象になります。

お家もこれからひとつづつ手をかけてあげるように、お庭もこれから一緒に育てていただけることを楽しみにしています。今後ともよろしく御願いいたします。
[PR]

by hanaart-garden | 2007-07-23 22:09 | 坂 敦司

現場近況報告(T様邸① 坂)

2006年12月上旬より外構工事のほうに入らせていただいたT様。年末の慌しい時にお邪魔して申し訳ありませんでしたが、おかげさまで年内に植栽工事のほうを除く、外構工事・中庭工事が完了いたしました。あとは春の植栽工事を待つのみになりましたが、大変身をしてしまう前に中間ご報告させていただきます。

e0110872_18301968.jpg

「北側に3台分の駐車場が必要なため、大部分がカースペースになるのですが、お家の顔にもなるため、なるべく自然なイメージにしたい!」というご要望があり、植栽スペースを前後にとり、車の配置を配慮し、木々の間に車が停めれるよう工夫しました。駐車場の仕上げも石のようなコンクリートにしました。隙間が取ってあるのは、植栽の時に芝生をいれる予定になっています。

e0110872_18304355.jpg←石のようなコンクリートは色合わせもデザイナーの腕の見せ所です。深い凹凸や色合いで、本当の石のように見えると評判です。


e0110872_18305349.jpg

→「枕木を使いたい!」というT様のご要望で、門柱にも使用しました。ライトもアンティック仕上げのものを選択。表札の銅のたたき仕上げで、木の雰囲気によくなじんでいます。



e0110872_1831415.jpg←アプローチのレンガは、お家の瓦の色の合わせて、色むらの多い、表情のある、アンティック仕上げのレンガを使用。レンガの形を生かしたアプローチに仕上げました。隙間に芝生が入ると、より色鮮やかになりそうです。


e0110872_18311342.jpg

→南のお庭は北側の外構とはイメージを変えて、お部屋の内側からの視線を重視。立水栓も明るい古い耐火レンガを使用。T様こだわりの国旗をアクセントに取付。



こうして細部にこだわったT様邸。それぞれのパーツを、今年の春には植栽がひとつのイメージにまとめあげる予定です。
[PR]

by hanaart-garden | 2007-01-18 19:14 | 坂 敦司