庭造り日記


「はなあーと ガーデン」   名古屋市天白区を中心に外構工事、庭造りをする日々を綴った日記ですhttp://www.8187.co.jp/garden/
by hanaart-garden
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

バラとわたし (第9回 田中修一)

 第8回の「剪定」に引き続いて冬季の管理について説明をさせていただきます。
この時期に行うべきものに、「剪定」と同じぐらい重要なものに「寒肥」があります。「寒肥」は根の更新も兼ねて根を少し切ってしまう感覚で、スコップ等を使って有機質肥料(バーク堆肥や油かす、馬糞・牛糞堆肥など)を土に混ぜ込んでいきます。有機質肥料の代わりに化成肥料でも構いませんが、冬季は有機質肥料の使用による害虫の発生の心配も少なく、何よりも夏場の化成肥料の連続しようによる土壌条件の悪化を考えても、この時期には、可能ならば有機質堆肥の使用をおすすめします。(化成肥料だけで肥培管理すると土が硬く固まってしまい根が張りにくくなってしまいます)
 この時期に、それだけ行っておけば冬季の管理は概ね完了です。
 あとは、前年からの黒点病などの病気を持ち越さないように、葉っぱを全て取って、なお且つ、雨の跳ね返りを防ぐためにマルチングをすると完璧です。さらに心配な場合は、石灰硫黄合剤などで消毒を行っておくと春に病気の発生が少し抑えられます。(あくまで少し病気の発生を抑えられる程度ですので、生育期の消毒は必要です)
[PR]

by hanaart-garden | 2009-01-12 20:58 | 田中 修一
<< 現場近況報告 (尾張旭市 K様... 完成現場のご報告 (天白区 F... >>