庭造り日記


「はなあーと ガーデン」   名古屋市天白区を中心に外構工事、庭造りをする日々を綴った日記ですhttp://www.8187.co.jp/garden/
by hanaart-garden
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

完成現場のご報告(日進市 K様邸 高瀬)

今年の春の終り頃、植栽させていただき、大変素敵になりましたのでご紹介させていただきます。ご自宅の様々なスペースに植栽を植えることができるため、イメージや役割をかえつつ、4つのゾーンに分け、ご提案させていただきました。
e0110872_12594940.jpg
e0110872_13403072.jpgこちらは、駐車場の背面のスペースです。もともと、ご夫婦の好きな「アガベ」を中心とした乾燥地帯の植物が植えられていたので、植物はそのまま生かしつつ、配置をしなおし、株元を粗い、明るい色の砂でマルチングして、すっきりとモダンな乾燥地帯の雰囲気に近づけました。右は施工前の様子です。


e0110872_130710.jpge0110872_1303227.jpg玄関への階段アプローチ脇の花壇は、もともとあった砂利を生かしつつ、新たにシンボルとして、黄緑色で葉の形が美しい「コハウチワカエデ」を植栽し、「ビバーナム・ティヌス」や「ヒュウガミズキ」を中心とした、丈夫でありながら四季の変化をみせてくれる低木類を配置し、にぎやかなアプローチになりました。風の揺らぎも、カエデの影で優しく感じることができます。e0110872_13484119.jpg右の写真が施工前の様子。背景のレンガを生かし、映えるような植栽をご提案させていただいたころ、ご採用いただき、明るいイメージに変わりました。


e0110872_132207.jpg

もともと植えられている常緑の「ヤマボウシ」については、K様より、‘癒しのスペースに・・・・‘とのご要望があり、室内リビングからよく眺める場所になるので、一年を通して美しい期間が長く、お手入れも楽な、宿根草や多年草の葉の形や色の違いで見せ場を作りました。ライム・ブロンズ・シルバーーリーフを中心とした、立体感のあるリーフガーデンになりました。

e0110872_131835.jpge0110872_1312327.jpgメインのお庭になる、奥様こだわりの、白いイタリアンタイルが眩しい空中庭園は、‘リゾートのような・・・‘というご要望でした。赤いレンガと白いタイルのコントラストを和らげるために、ホワイトテラコッタのコンテナを選びました。奥様のお好きな「ニューサイラン」と、写真ではお花が終っていますが、オレンジの「ハイビスカス」がリゾートらしさを演出。e0110872_14102753.jpgそれぞれ、鉢の配置にも高低差を出し、植物の形や色の違いを対比させ、メリハリのある立体感を出しています。右は施工前の様子。お手持ちの鉢がたくさんありました。





e0110872_1313637.jpg
一番奥に植えさせていただいたオリーブの横のテーブルで、完成以来、気候のいいときは、ほとんど毎日、朝食を召し上がっていらっしゃるそうです。そんな風に楽しんでいただいて、ガーデナー冥利に尽きます。
今回の植栽工事では、ほとんどのご提案についてお任せいただき、楽しみながら施工させていただきました。今後ともよろしくお願いいたします!
[PR]

by hanaart-garden | 2008-08-24 14:24 | 施工例
<< バラとわたし (第6回 田中修一) ガーデン事業部お盆休みのご案内... >>